おしらせ

4月1日から”英語あそび”スタート!

2019年04月01日

こころが動いたときに”英語”が芽生える
当園では、月2回80分の”英語あそび”を取り入れています。

生まれてすぐの赤ちゃんは、お母さんや周りの人たちの声、音を聞いて、それを心の「器」にたくさんためていきます。
そして、その「器」が満杯になって、何かに刺激を受け揺れ動いた時に初めて、『ことば』として溢れてきます。

英語も、同じなんです。

子どもたちは、遊びを通して、英語の歌を通して、絵本を通して、たくさんの英語を『器』に蓄えていきます。​

音楽リトミック音楽リトミックの要素も入れながら、英語の音にたくさん親しみます♪ 絵本の読み聞かせ絵本の読み聞かせは、実際に絵本にふれたりめくったりしながら楽しみます♪

そして、こころが感動し『器』が揺れたときに、初めて英語が『ことば』として発せられます。

英語の歌を通して五感を刺激したり、TPR手法(全身反応教授法)を用いて体を動かしたり、英語絵本を通して海外文化に触れたり、遊びの中で、子どもたちの『感動』づくりを行っています。

TPR手法(全身反応教授法)TPR手法(全身反応教授法)で楽しく体を動かしながら英語にふれよう♪ 子どもたちのこころが動く瞬間遊びの中で、子どもたちのこころが動く瞬間を大切にします。そこが、英語の芽生えです

その感動で、こころが動いたときに英語は芽生える。たくさんの子どもたちの芽生えをお手伝いします。

子どもに人気♪ラミーちゃん

子どもに人気♪ラミーちゃん